【会員制に移行】若割について

注1:若割は2回目以降の来店者のみ利用可。初回の方はこのコーナーは関係ありません

 

注2:「若い子が来店しやすいように」と始めた若割ですが、究極の大失敗でした。料金改定の年齢が近づくと半年前からピタッと来店しなくなる子があまりにも多い。割引は失敗の元! 平日は週末より600円安いのに「安い日は嫌い。高い料金を払いたい」と高い日に来店する子が圧倒的に多い一方、30歳や40歳になる時たった300円上がることに極端な恐怖を感じ、皆一様に半年前からピタッと来なくなるのは予測外でした。つまり「600円より300円が怖い」。

「あの子は30歳(40歳)が近づいたから急に来なくなったんだな」と店側に知られるのが恥ずかしいし、怖いのでしょう。だから半年前(29歳6ヶ月)から消える。そのような恐怖を与え、気を使わせ、申し訳なく思います。本当に若割は誰も得しない大失敗制度です。

「あの子も29歳6ヶ月を最後に消えたか」と悲しくなります。

まだこの割引は残っている(急にやめると影響が大きい)ので利用可ですが、弊害の方がはるかに大きいので5/15(水)の営業より会員制に移行します。若割利用には会員カード提示「必須」。忘れや紛失時は割引ナシ(免許証で代用不可)。 5/12(日)まで会員カード1人1回まで無料配布中(それ以降は発行有料の予定)。5/12(日)までのカード発行を強くオススメします!

 

※ 消費税10%導入時、年代別料金格差を現行の300円刻みから200円刻みに縮小することも予告しておきます。格差が大きいと抵抗感も大きく、上記のように来店しなくなる子が多い為

 

※ 会員カードは財布に入れて保管しないと紛失しますよ! 店名すら書いていないので財布に入れておきやすいはずです。「財布を落としたらどうしよう」などと余計な心配する必要ナシ! 皆さんのスマホにはゲイ情報が山盛りなのに、スマホを落とす心配はせず、なぜか財布を落とす心配ばかりするおかしな人が多い為、なんと店名すら書いていない地味なカードにしました。「このカード何だっけ?どこかの病院の診察券?」とあなた自身が分からなくなるほど地味! まして他人はそんな謎のカードを拾っても何のことだかいちいち気にしませんよ!変なとこだけ神経質にならないで!

 


若割を希望しない方(証明提示を嫌がる)も多いので受付では若割をご案内しません。
若割希望者は自発的に写真付証明(5月15日以降は会員カード)を提示願います。

 

 写真付証明(5月15日以降は会員カード)提示の29歳以下の方は安い日※は1300円。
 高い日は1900円。

 写真付証明(5月15日以降は会員カード)提示の30代の方は安い日※は1600円。
 高い日は2200円。

 

※安い日は深夜1時(0時ではありません)以降の滞在は深夜料+600円。合計で高い日と同じ料金